水漏れの修理が必要、慌てずに対処するためには

水漏れの修理が必要、慌てずに対処するためには 普段何気なく住んでいる住宅には、水を使用するための水道管や給水管、排水管や下水管など様々な設備が備わっています。生活していく上で水や水を流す配管は必要不可欠なものですが、不具合が起こるとその被害は甚大なものとなります。そこでここでは、水漏れを発見した際に慌てないために知っておきたい知識を紹介します。




■まずは落ち着いて冷静になる

床が濡れている、蛇口を締めても水が止まらないという場合、多くの人がパニックになってしまいますが、まずは水を止めて落ち着くことが大切です。水栓から水が止まらない場合は、水道の元栓を閉めてしまうと水が止まるようになっています。
水道の元栓がある場所は、住宅のタイプによって異なりますが、マンションの場合は玄関前のパイプシャフトというところにあることが多く、アパートの場合は駐車場などの共有スペースに埋まっていることがほとんどです。ただし、マンションやアパートの元栓は他の入居者の部屋の元栓も一緒に並んでいることが多いので、入居する際に自分の部屋の元栓はどこなのか確認しておくようにしましょう。
一戸建ての場合は、庭などの地中のボックスの中にあることがほとんどで、自分の家だけの元栓が設置してあるので間違える心配はありません。

■原因を特定する
水漏れの修理は自分で行うパターンと、業者に依頼するパターンの2つの方法がありますが、まずはどこから水漏れが起こっているのか原因を特定することで、依頼や修理もスムーズに進めることができます。キッチンや洗面台、トイレやバスルームなど、目で見たり、手で触って漏れている箇所がないか確認をしましょう。
目に見えない、触っても確認することができない場合は、見えないところで水漏れが起こっている可能性があることから、この場合は水道メーターを活用して、水漏れが起こっているかどうかを確認します。住宅の中にある蛇口やシャワー、止水栓を全て締めてから水道メーターを見てみましょう。メーターが動いていたらどこかで水漏れが起こっている証拠です。
場所を特定する場合は、キッチンや洗面台、トイレやバスルームなど、場所ごとに止水栓を閉めながら水道メーターを確認して特定していきます。

■業者を探す

ある程度原因が特定することができても、自分で対処することができない、何が原因なのかわからないという場合は、修理業者に依頼して修理をしてもらいます。初めて業者に依頼するという方は、どこに依頼すればいいかわからないという方も多いでしょう。水回りのトラブルは、誰でも作業ができるというわけではなく、水道管などが原因になっている可能性もあることから、管轄の水道局に連絡をして、適切な業者を紹介してもらうようにしましょう。
また、水道局のホームページにも業者の一覧を掲載したページがあるので、そこで調べて直接業者に連絡をすることも可能です。この他には、ハウスメーカーに相談して業者を紹介してもらう、一括見積もりサイトで複数の業者に見積もりを依頼して、比較してから業者を選ぶといった方法もあります。滅多にはいませんが、水回りのトラブルを解決する業者の中には、悪質な業者が存在しているのも事実であることから、業者選びは慎重に進めるようにしましょう。
また、配管や部品の劣化、破損などは普段から定期的にチェックしておくことで、万が一修理が必要になった場合でも小規模な作業で済むことが多く、かかる費用も抑えることができます。シンクの下や洗面台の下は収納になっていることも多いので、整理整頓をするついでにチェックしたり、トイレタンクもたまに開けて中を確認するようにしましょう。

■まとめ
水回りのトラブルの中でも起こりやすいのが水漏れであり、水が漏れているのを見ると慌てて冷静な判断ができなくなるという人もいます。そんなときのために対処の手順をしっかり知っておくことで、冷静に慌てることなく対処することができ、スムーズに問題を解決することができます。普段から相談できる業者を探しておくのも有効な手段です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース